お問い合わせはこちら

ViPRについて

ViPRは「人の機能性を向上させたい」という基本的な目標のもと、カナダでアイスホッケートレーナーのサイモン・ベネットと生理学者のミショル・ダルコートによって開発されました。

重さのある筒を使用し、人間の動きに基づいた、競技動作や日常生活動作のシュミレーションや筋力トレーニングとムーブメントトレーニングを効果的に行えるものです。

トレーニング方法

ViPRは、Loaded Movement Training(LMT)という方法で行います。LMTとは、重りを持ち、異なる身体のポジションで、「何かを持ち上げる・動かす・移動させる・ずらす・弾ます」トレーニング方法です。

ViPRでは、2kg・4㎏などの重さのある筒を使って、特定の部位を使うのではなく、全体の動きを行います。動作に基づくトレーニングを行うため、身体をその基本的仕組みに沿って効果的に鍛えることができます。

ViPR トレーニング

TMCCが提供するViPRの効果

1:シェイプアップ

重さのある筒を使い、サーキットトレーニングを行います。筋力トレーニングと有酸素運動を同時に行うため、効率的・効果的に脂肪が燃焼しやすい身体となります。

2:筋力アップ

重さのある筒を使い、全身を動かすトレーニングを繰り返し行うことで筋力アップされます。

3:動きの連動

骨折や肉離れ、ねんざなどの怪我の回復が早くなるという研究データがあります。成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。

4:筋力アップ

特定の部位を使うのではなく、動作に基づくトレーニングを行うため、身体をその基本的な仕組みに沿って効果的に鍛えることができます。

ViPRは、耐久性の樹脂でできているため、角張っている部分もなく高い安全性を持っています。

ページトップへ